人気ブログランキング | 話題のタグを見る

健康は口内ケアから!

マスク生活の中で自分の口臭が気になり始めた方は結構多いのではないかと思います。

口臭の原因はいくつかあると思いますが、正しい歯磨きをすれば軽減されると思います。磨き残しや歯の間に挟まった食べ物から臭いが発生していることもあるようです。虫歯の原因にもなります。

普通の歯ブラシでは歯の間に挟まったものが取りづらいことがあるため、ヘッドが小さいものを使用するといいと思います。使い始めると、自分が思っていた以上に残っていたのを覚えています。クリニカのデンタルタフトがオススメです。ちょうど良い硬さなので磨きやすいのではないかと思います。

後、舌磨きもオススメです。舌が白くなっている人は口臭がある可能性が高いです。朝起きた時に舌磨きするのがいいと言われています。

口の中が乾きやすい人(口呼吸など)も注意が必要です。口内が乾くことによって口臭が発生しますから、水分をこまめに取ることや口ではなく鼻呼吸する習慣をつけることも大事です。

歯磨きは何かをしながらではなく、鏡を見ながらしっかり磨くことが重要だと思っています。汚れを取り除くために鏡を見て磨くことによって気持ちいいですし、口臭も軽減されてスッキリした気持ちになれると思います。あとはブレスマイルウォッシュなどでしっかりコーティングするといいですね。

# by kodomonioi | 2021-03-25 14:14 | 口臭

子供のお口、ニオイが気になったことはありませんか?

子供でも口内環境が良くないと、お口が臭ってしまいます。

口臭の原因と対策についてご紹介します。



口臭の原因はいくつかあり、虫歯や口の乾きのほかに、病気が考えられます。

例えば、寝る時に口呼吸になっていたりすると口の中が乾燥し、扁桃の免疫機能が弱まります。

扁桃の免疫機能が弱まると、口の中にいる常在菌が増殖し、ガスを発生させて、これが口臭の元になるのです。



他にも、「アデノイド増殖症」や「アレルギー性鼻炎」も鼻呼吸をさまたげて口呼吸しやすくなり、お口の乾燥に繋がることがあります。



口臭の予防と対策には、ハミガキが基本です。

お子さんが小学校低学年くらいまでは、磨き残しが多いので、仕上げ磨きをしてあげましょう。

もし、ハミガキを嫌がるようであれば、ご褒美にシュガーレスのタブレットをあげるのもオススメですよ。

うちの子は、タブレットを食べたいがために、頑張ってハミガキしてくれました。

シュガーレスのタブレットは、ドラッグストアのハブラシコーナーかベビー用品コーナーに置いてあります。



口の乾燥対策としては、ガムを噛ませたり、食事を和食にしてよく噛む習慣をつけ、唾液を出しやすくすると良いです。

他にも、寝姿勢を仰向けに寝かせると鼻呼吸しやすくなります。



もし、お子さんが普段から口呼吸していて気になるのであれば、一度、耳鼻科を受診することをオススメします。



まずは口臭の原因を知り、予防と対策をして、親も子も笑顔あふれる時間を過ごせると良いですね。
# by kodomonioi | 2020-12-22 01:36 | 口臭

こどもの口臭について

口臭が気になるのは大人だけだと思っていませんか?



こどもにも口臭はあります。



口臭の原因のひとつにに口の中の乾燥が考えられます。

こどもは意識して水分をとらせないと、遊びに夢中になったりして水分をとるのを忘れてしまいます。



水分をとらないと、口の中が乾燥していきだんだんと気になる口臭へと変わっていきます。



こどもが小さいときは、食べる物も限られていたり、水分もこまめに気を付けながら飲ませていたように感じます。



ある程度、色んなことが自分でできるようになってくると、こどもの意思で水分をとりに行けるだろうと、声かけも減るということが現実にあります。



しかし、そのくらいの歳になると、食べるものもさまざまな物になり、飲み物も色んな種類を飲み始めます。



小さいときはもちろんですが、こどものうちは『水分をとろうね』という声かけがとても大切だも思います。



また、歯みがきも同じです。

口臭の原因のひとつに歯みがき不足も考えられます。



水分をとることも同じように、毎日の歯みがきも仕上げ磨きをしなくなっていきます。

それが日常になってしまうと、もちろん口臭もどんどん出てきます。



口臭が気にならないようにするためには、水分をこまめにとって口内を乾燥させないこと。そして、歯みがきも丁寧にゆっくり行うことが大切だと考えます。
# by kodomonioi | 2020-11-22 01:36 | 口臭

子供の口がなんだか臭い…と思ったことはありませんか。大体においては、歯の汚れや虫歯など、口腔内に関するトラブルが原因です。

しかし毎日歯磨きはしているし、歯科で見てもらっても虫歯の様子もない。

そんな時は「鼻」のトラブルを疑ってみるとよいでしょう。鼻炎が原因で口臭が発生する場合があります。

正確には副鼻腔炎といい、副鼻腔(鼻の奥の空間)に、鼻水や酷くなると膿が溜まる状態です。風邪などの体調不良の後になりやすいです。

大人の口臭も副鼻腔炎が原因の場合がありますが、子供のほうが多く見られます。

子供は体が未発達の為、大人に比べ鼻が通りにくく、また鼻水を自力で上手くかめないことで鼻水が溜まってしまうのです。

また副鼻腔炎にて鼻が詰まることで、鼻の呼吸がしにくく、口を開けての「口呼吸」になります。

この口呼吸も、口臭を強める原因となります。口呼吸になると、口の中が乾燥しやすく、細菌が発生しやすい環境になります。

その最近の増加が、口臭をさらに誘発するのです。

対策としては、歯科で問題がなければ、耳鼻科で相談する事をおすすめします。

また、鼻が上手くかめない子供の場合、市販の鼻水取りで鼻水を排除することも大切です。

鼻水取りには、手動タイプと機械タイプがあり、いずれもドラッグストアや家電量販店、通信販売などで入手可能です。

口も鼻もすっきりさせて、子供も綺麗な息で過ごしたいものですね。
# by kodomonioi | 2020-10-22 01:35 | 口臭